文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >麻酔科学・臨床麻酔>臨床麻酔>臨床麻酔と研究における筋弛緩モニタリング

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
筋弛緩モニタリング
+画像クリックで拡大

臨床麻酔と研究における
筋弛緩モニタリング

[ 臨床麻酔 ]

【訳】鈴木孝浩 日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野(准教授)

A 5 判・168 頁・定価 (本体 2,950 円+税) 2012 年 12 月 20 日発売

ISBN: 978-4-88003-870-4

筋弛緩薬の効果には個人差があり、客観的かつ確実に筋弛緩効果の発現,持続,回復の推移を評価するためには,筋弛緩モニタリングを使用したモニタリングが欠かせない.
本書は,これまでの筋弛緩薬に関する教科書とは一線を画し,筋弛緩モニタリングの原理と応用を中心に,臨床における筋弛緩モニタリングの利点について論じる.加速度感知型筋弛緩モニタについても,現在普及している TOF-ウォッチ ® の特徴,使用法について解説.臨床使用時に非常に有用な実践書!

目次

1    神経筋伝達の原理
1.1   生理学的原理
1.1.1  解剖学的原理
1.1.2  活動電位
1.1.3  アセチルコリン
1.1.4  シナプス後ニコチン性アセチルコリン受容体
1.1.5  シナプス前ニコチン性アセチルコリン受容体
1.1.6  骨 格 筋
1.2   薬理学的原理
1.2.1  非脱分極性筋弛緩薬
1.2.2  脱分極性筋弛緩薬
1.2.3  コリンエステラーゼ阻害薬
1.2.4  選択的筋弛緩薬結合薬
     文  献

2    筋弛緩モニタリングの原理
2.1   神経刺激
2.2   刺激電極
2.3   刺激部位/測定筋
2.3.1  尺骨神経/母指内転筋
2.3.2  後脛骨神経/短母趾屈筋
2.3.3  顔面神経/眼輪筋あるいは顔面神経/皺眉筋
2.4   麻酔と関連する筋群
2.4.1  横 隔 膜
2.4.2  喉 頭 筋
2.4.3  腹   筋
2.4.4  外舌筋および口腔底筋
2.4.5  喉 頭 筋
2.5   刺激パターン
2.5.1  単 収 縮
2.5.2  四連刺激
2.5.3  ダブルバースト刺激
2.5.4  テタヌス刺激
2.5.5  ポストテタニックカウント
2.6   刺激反応の評価
2.6.1  簡易的神経刺激装置
2.6.2  定量式神経刺激装置
     文  献

3    臨床応用
3.1   麻酔導入時の筋弛緩モニタリング
3.1.1  麻酔導入に適する筋弛緩薬
3.1.2  測定筋と刺激パターン
3.1.3  挿管にはどの程度の神経筋遮断が必要か?
3.2   筋弛緩モニタリングの術中応用
3.2.1  筋弛緩薬の蓄積
3.2.2  刺激パターンと測定筋
3.3   筋弛緩回復のモニタリング
3.3.1  残存筋弛緩の病態生理学的影響
3.3.2  残存筋弛緩の頻度
3.3.3  残存筋弛緩に関連した臨床的意義
3.3.4  刺激パターンと測定筋
3.3.5  残存筋弛緩の予防対策
     文  献

4    加速度感知型筋弛緩モニタ
4.1   原  理
4.2   アクセログラフと TOF ガード
4.3   TOF-ウォッチ® モデル
4.3.1  TOF 比アルゴリズム
4.3.2  キャリブレーションモード
4.3.3  区域麻酔法における神経走行部位
4.4   TOF-ウォッチ®
4.4.1  短時間のセットアップ法
4.4.2  概  要
4.4.3  ボタンと画面表示記号のまとめ
4.5   TOF-ウォッチ® S
4.5.1  短時間のセットアップ法
4.5.2  概  要
4.5.3  ボタンと画面表示記号のまとめ
4.6   TOF-ウォッチ® SX
4.6.1  短時間のセットアップ法
4.6.2  概  要
4.6.3  ボタンと画面表示記号のまとめ
4.7   よくある Q & A 集
4.7.1  AMG は乳幼児にも使用できるか?
4.7.2  筋弛緩モニタリングは患者にとって痛いものなのか?
4.7.3  TOF-ウォッチ® 神経刺激装置を装着した際,何を観察
     すべきか?
4.7.4  キャリブレーションは本当に必要か?
4.7.5  TOF-ウォッチ® 神経刺激装置を用いた筋弛緩モニタリングで
     残存筋弛緩を防止できるか?
4.8   研究における AMG
4.8.1  科学目的への筋弛緩モニタリング:通常,麻酔科医は何に注意
     すべきか?
4.8.2  加速度感知型筋弛緩モニタ使用にあたっての詳細事項
4.8.3  筋弛緩の作用発現と時間データを計測するための指針
     結びの辞
     文  献

     索  引


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る