文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >実用書(一般向け)>[シリーズ]心配しないでいいですよ>心配しないでいいですよ放射線治療改訂第 2 版

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
放射線治療
+画像クリックで拡大

心配しないでいいですよ
放射線治療
改訂第 2 版

[ [シリーズ]心配しないでいいですよ ]

【編著】がん研有明病院放射線治療部

A 5 判・ 184 頁・定価 (本体 2,000 円+税) 2012 年 12 月発行

ISBN: 978-4-88003-210-8

この度,真興交易㈱医書出版部では「心配しないでいいですよ放射線治療」を7年ぶりに改訂いたしました。
本書は,放射線療法を受ける患者さんに放射線療法を正しく理解してもらうため,現在がん研有明病院で行っている放射線療法の説明と注意事項等を患者さんとその家族のためにわかりやすく解説した書籍です。

■本書の主な内容■

 ○日々進歩している放射線療法について最新の統計資料、診断基準
  により現在のニーズに対応する内容に刷新。
 ○放射線療法は「切らない治療」であり,「副作用の少ない治療」です。
 ○放射線療法を受けることを心配している患者さんに向けて,がん研有
  明病院で用いられる説明を基に,影響や副作用、注意事項を詳述。

〔主な目次〕

第1章 放射線とは 放射線療法とは

放射線とは
 放射線の種類と特徴/放射線の単位
放射線療法とは
 放射線療法の原理/放射線療法の目的/治療の種類と特徴
放射線療法に従事する人たち
 放射線腫瘍医/診療放射線技師/放射線治療品質管理士/医学物理士/看護師/受付事務
放射線治療室の構造と放射線治療機器
 放射線治療室の構造/リニアック(LINAC)/ラルス(RALS)
新しい放射線治療方法;粒子線治療

第2章 実際に放射線療法を受ける前に

治療を受ける前に
 どこで治療を受けるか→総合的がん治療施設/セカンド・オピニオン
放射線療法を行うために必要な情報
 病名・予後因子(病理診断・病期・血液検査など)
治療の適応外となり得る要因
 年齢/再照射/治療する姿勢が保持できなくて動いてしまう場合
インフォームド・コンセント (informed consent),シェアード・ディシジョン(shared decision)
 臨床試験と治験
放射線療法を始める前に必要な検査・診断
 放射線腫瘍医の診察(紹介状→問診→診察)/画像診断
外照射の準備
 放射線治療計画用 CT /放射線治療計画/線量検証/位置決め/放射線治療データ登録確認/初回照合/放射線療法スケジュールの予約
放射線療法中
 放射線療法;外照射/放射線療法中に撮影する CT や X線写真などを照合/画像誘導放射線治療(image gjuided radiation therapy:IGRT)/放射線療法中の医師診察/放射線療法期間中の看護ケア/放射線療法期間中のスケジュールの変更
密閉小線源治療
 小線源治療
経過観察
資料
 乳がん 乳房温存手術後の放射線療法の説明書

第3章 各部位別治療

前立腺がん
 治療法の選択にあたって/放射線療法/放射線療法とホルモン療法の併用/放射線療法の副作用/放射線療法の効果/放射線療法後の再発時の対応/まとめ
肺がん
 非小細胞肺がん/小細胞肺がん/定位放射線治療
食道がん
 病期分類による放射線療法の適応/放射線療法/化学放射線療法/放射線療法の有害な副作用/治療成績
頭頸部がん
 種類/治療効果と副作用のバランス
乳がん
 乳房温存療法の一環として行われる術後放射線療法/乳房切除手術後の予防的放射線療法/局所進行乳がんに対する放射線療法/局所またはリンパ節再発乳がんに対する放射線療法
子宮がん
 子宮頸がん/子宮体がん
直腸がん
悪性リンパ腫

第4章 緩和治療
緩和治療とは
 緩和目的の放射線療法の利点/目的
骨転移
 目的/スケジュール/有害反応(副作用)
脳転移
 目的/治療法/スケジュール/有害反応(副作用)

●コラム
放射線腫瘍医の役割
放射線療法における診療放射線技師の役割
先端放射線治療を支える-診療放射線技師の立場から-
放射線療法におけるリスクマネージメント
安全な放射線療法のための医療情報システム
放射線治療品質管理士の役割
医学物理士の役割
看護師の役割
受付事務の役割

●おもなインターネット情報サイト


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る