文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >麻酔科学・臨床麻酔>麻酔科学>華岡青洲研究の新展開

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
華岡青洲
+画像クリックで拡大

華岡青洲
研究の新展開

[ 麻酔科学 ]

【著】 松木明知 弘前大学名誉教授

A 5 判 ・ 256 頁 ・ 定価 (本体 4,600 円 + 税) 2013 年 4 月発売

ISBN: 978-4-88003-874-2

華岡青洲の事績は,これまで多くの研究者によって究明されてきたが,必ずしも正鵠を得たものばかりとは言えない.日本麻酔科学会第60回学術集会(2013.5.23-25 札幌)の節目に,その基礎史料(資料)を整備し,基礎的研究に傾注し,若い世代に期待したい.

〔主な目次〕

はじめに
Ⅰ 華岡青洲研究最近の知見(2000-2012)

Ⅱ 華岡青洲伝記史料の再検討-特に江戸期の資料について-
 1 浅倉璞荊山による「送序」
 2 「華岡先生畧傅」
 3 仁井田好古による「華岡青洲墓誌銘」
 4 藤田東湖による青洲伝
 5 浅田宗伯の『皇国名医伝』
 6 宇津木昆台の「日本医譜」
 7 川喜多真一郎の『書画医家鑒定便覧』

Ⅲ 華岡青洲の医学思想について
 1 著者(松木)の見解
 2 松村 巧氏の論考の批判
  (1)はじめに
  (2)伝記の確認と問題の所在
  (3)華岡青洲の著述資料
  (4)華岡青洲研究史
  (5)華岡青洲の医学思想
 3 結  論

Ⅳ 華岡直道の外科の師岩永氏と青洲の外科の師岩永氏について

Ⅴ 最初に全身麻酔を受けた藍屋 勘の手術について

Ⅵ 華岡青洲自著の筆跡鑑定
 1 鑑定資料
 2 各字の具体的説明
  (1)「華」の字について
  (2)「岡」の字について
  (3)「震」の字について

Ⅶ 「乳巖治験録」の漢語と漢文
 1 麻酔状態の表記について
 2 一人称表記の漢字について
 3 句末,文末の助辞について
 4 訂正箇所について

Ⅷ 華岡青洲の漢詩
 1 「秋夜即事」(1)「秋夜の即時」(「即時」はその場の情景を詠んだ詩の意)
 2 「旅舎戯作」(1)旅舎の戯作
 3 「聞雁思故郷」(1)雁を聞いて故郷を思う
 4 「送別」(3)
 5 「重陽平安旅舎作」(4)重陽に平安旅舎で作る
 6 「五日作」(8)五日に作る
 7 「遊蘭園鈴木生山荘」(10)蘭園鈴木生の山荘に遊ぶ
 8 「送中川壺山生之東家」(16)中川壺山生の東家に之くを送る
 9 「寄水戸南陽原先生」(16)水戸の南陽原先生に寄せる
10 「自癸亥秋至于甲子秋終期.因病臥.兩脚麻痺行.恒難.扶杖而歩.至于冬病毒盡全癒.亦更當新年.故賦元旦鄙絶.」(16)
11 「門生請題於余自像.即綴短句述其懐云.」(18)
12 「謹題 青洲先生壽像」(18)門人 加州 森 能

Ⅸ 奇患図の研究
 1 はじめに
 2 いわゆる「奇患図」について
 3 「奇患図」の意義
 4 研究対象の写本
 5 「奇患図」の系統
 6 「奇患図」成立の経緯
 7 結  論


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る