文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >ペインクリニック・緩和医療>ペインクリニック>がん性痛に対するインターベンショナル治療ガイドライン

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
インターベンショナル治療
+画像クリックで拡大
立ち読み

がん性痛に対する
インターベンショナル治療
ガイドライン

[ ペインクリニック ]

【編集】日本ペインクリニック学会 がん性痛に対するインターベンショナル治療ガイドライン作成ワーキンググループ

B 5 判 ・ 136 頁 ・ 定価( 本体 1,600 円 + 税 )

ISBN: 978-4-88003-881-0

各種神経ブロックとその他(経皮的コルドトミー,椎体整形術など)インターベンショナル治療の,鎮痛原理,適応,施行法,部位別分類と原因,症状などをまとめ,がん性痛医療分野への本治療法の啓発・普及を目指す.

〔おもな内容〕

はじめに

総 論:がん性痛に対するインターベンショナル治療法

第Ⅰ章 代表的なインターベンショナル治療
 1-1.トリガーポイント注射
 1-2.トリガーポイント注射:施行法
 2-1.末梢神経ブロック
 2-2.末梢神経ブロック:施行法
 3-1.三叉神経ブロック
 3-2.三叉神経ブロック:施行法
 4-1.神経根ブロック
 4-2.神経根ブロック:施行法
 5-1.硬膜外ブロック
 5-2.硬膜外ブロック:施行法
 6-1.くも膜下鎮痛法
 6-2.くも膜下鎮痛法:施行法
 7-1.くも膜下フェノールブロック
 7-2.くも膜下フェノールブロック:施行法
 8-1.腹腔神経叢(内臓神経)ブロック
 8-2.腹腔神経叢(内臓神経)ブロック:施行法
 9-1.上下腹神経叢ブロック
 9-2.上下腹神経叢ブロック:施行法
 10-1.下腸間膜動脈神経叢ブロック
 10-2.下腸間膜動脈神経叢ブロック:施行法
 11-1-1.不対神経ブロック
 11-1-2.不対神経ブロック:施行法
 12-1.経皮的コルドトミー
 12-2.経皮的コルドトミー:施行法
 13-1.経皮的椎体形成術
 13-2.経皮的椎体形成術:施行法
 14-1.刺激鎮痛法,脊髄刺激療法
 14-2.脊髄刺激療法:施行法

第Ⅱ章 部位別のインターベンショナル治療
 15.顔面・頸部の痛み
 16.上肢の痛み
 17.胸背部の痛み
 18.腹部の痛み
 19.腰下肢痛
 20.脊椎腫瘍による痛み

略語リスト


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る