文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >外科学>小児科>小児虐待医学的対応マニュアル-医療現場で子どもを守るために-

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
小児虐待医学的対応マニュアル
+画像クリックで拡大

小児虐待医学的対応マニュアル
-医療現場で子どもを守るために-

[ 小児科 ]

【編著】桃井真里子 自治医科大学小児科学講座教授

B 5 判・212 頁・定価 (本体 3,900 円+税) 2006 年 3 月

ISBN: 978-4-88003-748-6

虐待の判断, 救済には常に迷いがつきまとう. 疑わしいケースや対応に苦慮する場合の行動決定の一助となるよう企画された. 小児科のみならず, 子どもが訪れるあらゆる診療室に必携の医学的対応マニュアル.

 

〈主な目次〉

第Ⅰ章 子ども虐待とは何か  

第Ⅱ章 身体的虐待を疑うとき  
 <1>  いつ疑うか:身体所見と検査  
 <2>  虐待の画像診断         

第Ⅲ章 心理的虐待を疑うとき   

第Ⅳ章 ネグレクトを疑うとき  

第Ⅴ章 性的虐待を疑うとき  

第Ⅵ章 保育施設や学校から、虐待についての相談を受けたら          

第Ⅶ章 新生児医療と虐待  

第Ⅷ章 障害児医療と虐待  

第Ⅸ章 Munchausen syndrome by proxy-子どもを代理としたミュンヒハウゼン症候群-  

第Ⅹ章 虐待者への医師からの話し方  

第Ⅺ章 関連機関との連携   
 <1> 児童相談所との連携               
  <2> 警察と司法           
  <3> 保健師との連携    
  <4> 地域小児虐待ネットワークとの連携   
  <5> 小児虐待と弁護士   

第Ⅻ章 虐待に関連するストレス障害とその治療   
                             
第ⅩⅢ章 医学データのとり方、書き方   
                                 
第ⅩⅣ章 子どもの虐待に関する法律と司法的救出


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る