文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >麻酔科学・臨床麻酔>臨床麻酔>無痛分娩の基礎と臨床改訂第2版

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
無痛分娩の基礎と臨床
+画像クリックで拡大

無痛分娩の基礎と臨床
改訂第2版

[ 臨床麻酔 ]

【著】角倉弘行 順天堂大学医学部麻酔科学ペインクリニック講座教授

B 5 判・168 頁・定価(本体 5,600 円+税) 2015 年 12 月 発売

ISBN: 978-4-88003-901-5

本邦の周産期医療の環境変化を背景に,無痛分娩の変化や進歩,また無痛分娩を希望する産婦に更なる安全で質の高い無痛分娩を行うための改訂第 2 版.基礎編・臨床編・応用編で無痛分娩の実践を解説.

〔主な目次〕

基礎編
第1章 無痛分娩の歴史
無痛分娩の夜明け前/ 麻酔の発明と無痛分娩への応用/ フェミニズム運動とその反動としての自然分娩回帰/ 硬膜外麻酔による無痛分娩の普及/ 産科麻酔の成熟期

第2章 世界各国での無痛分娩の現状
米国での無痛分娩の現状/ ヨーロッパの現状/ アジアの国々での現状/ 本邦での現状

第3章 さまざまな無痛分娩の方法
さまざまな無痛分娩の方法/ 薬剤を用いない方法/ 薬剤を用いる方法

第4章 痛みの基礎と評価法
痛みの定義/ 痛みの分類/ 痛みの評価法

第5章 分娩の痛み
陣痛の程度/ 陣痛の機序/ 陣痛の経時的変化/ 陣痛の医学的意味

第6章 無痛分娩に用いる局所麻酔薬
無痛分娩に用いる局所麻酔薬に求められる特性/ エステラル型局所麻酔薬とアミド型局所麻酔薬/ 局所麻酔薬の物理化学的特性/ 各種の局所麻酔薬/ 局所麻酔薬の効力の比較/ 局所麻酔薬の副作用/ 局所麻酔薬の選択が分娩に与える影響/ 局所麻酔薬に添加される薬物

第7章 妊娠中の生理的変化と注意点
循環系/ 血液系の変化/ 呼吸器系/ 消化器系/ 泌尿器系/ 中枢神経系

第8章 分娩の基礎
妊娠経過および分娩の過程/ 妊娠経過と陣痛の分類/ 分娩経過/ 子宮収縮の測定法/ 妊娠経過と子宮活動性の推移/ 胎児の評価/ CTG の評価/ 無痛分娩中の分娩監視/ 無痛分娩のための産科管理

臨床編
第9章 硬膜外麻酔による無痛分娩の準備
妊娠の評価/ 麻酔計画/ Informed consent

第10章 無痛分娩の導入
無痛分娩の導入時期の決定/ 麻酔法の選択/ 準備の確認/ 感染予防/ 体位の選択/ 穿刺位置の選択/ 穿刺方法/ カテーテル挿入/ 吸引試験/ 試験投与/ 硬膜外麻酔による初期鎮痛/ CSEA による初期鎮痛

第11章 無痛分娩の維持
追加投与の方法/ 麻酔薬の種類/ 無痛分娩中の産婦および胎児の管理/ 鎮痛効果が不十分な場合の対応/ 硬膜外麻酔による無痛分娩中の帝王切開術

第12章 硬膜外麻酔による無痛分娩の母体および胎児への影響
麻酔による副作用/ 麻酔による合併症/ 分娩に与える影響/ 無痛分娩が児に与える影響

応用編
第13章 無痛分娩を導入するために
聖マリアンナ医科大学/ 国立成育医療研究センター/ 順天堂大学順天堂医院/ これから無痛分娩を始めたい麻酔科医へのアドバイス

第14章 無痛分娩を普及させるために
麻酔科医への啓発/ 産科医への啓発/ 助産師への啓発/ 出産する女性への啓発/ 産科麻酔学会の活動/ 日本麻酔科学会の活動/ 病院への働きかけ/ 行政への働きかけ


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る