文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >麻酔科学・臨床麻酔>臨床麻酔>麻酔科医ノート Part Ⅳ麻酔科医に求められる態度

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
麻酔科医に求められる態度
+画像クリックで拡大

麻酔科医ノート Part Ⅳ
麻酔科医に求められる態度

[ 臨床麻酔 ]

【著】外 須美夫 九州大学教授

新書判・214 頁・定価(本体 920 円+税) 2016 年 5 月 発売

ISBN: 978-4-88003-902-2

本年5月に福岡で開催される日本麻酔科学会第63回学術集会の大会長でもある著者が,臨床医,麻酔科医に求められる態度を,学術集会大会テーマの『Harmony, Safty and Responsibility:命をつなぐ水脈となれ』にある調和(Harmony),安全(Safty),そして責任(Responsibility)に加えて,探究,痛み,感性,希望の項から考察,提言.「君も麻酔科医にならないか 麻酔科医ノート Part Ⅲ(2012年刊)」に続く,麻酔科医また麻酔科医を目指す学生や研修医に向けた医学読み物.

〔主な目次〕

はじめに

第一章 Harmony 調和
1 緊急事態
2 同僚意識
3 特定行為を活かす
4 チーム医療
5 知と情の調和

第二章 Safty 安全
1 安全の担い手になる
2 リスクマネジメント
3 ヒューマンエラー
4 三つの三つの確認
5 プロポフォールの落とし穴

第三章 Responsibility 責任
1 不正をしない
2 営利を目的としない
3 ねつ造の罠
4 薬物依存
5 倫理的証人

第四章 Investigation 探究
1 探究心を養う
2 なぜ研究しなければならないか
3 研究で身に付くこと
4 EBM を超える
5 意識の探求

第五章 Pain 痛み
1 痛みに向き合う
2 痛みの多様性を知る
3 痛みの棲家

第六章 Sensibility 感性
1 マナー
2 勇気
3 純な心
4 本を読む
5 医師の良心

第七章 Hope 希望
1 至難のわざ
2 納得する医療
3 ユーモアのセンス
4 心のよりどころ
5 メメント・モリ
6 林住期の希望

あとがき


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る