文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >集中治療・救急医学>救急医学>マラソン・ロードレース救護・医療体制 整備指針フルマラソンから小規模レースまで―安全に運営するために…

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
救護・医療体制 整備指針
+画像クリックで拡大

マラソン・ロードレース
救護・医療体制 整備指針
フルマラソンから小規模レースまで―安全に運営するために…

[ 救急医学 ]

【監修】山 澤 文 裕 公益財団法人 日本陸上競技連盟
             理事・医事委員会委員長
【編集】野 口   宏 「ファーストエイドの標準教育プログラムと、大規模
             イベントでの応急救護体制確保の指針の研究開
             発」研究班 研究代表者

B 5 判 ・ 152 頁 ・ 定価( 本体 2,900 円 + 税 ) 2020 年 8 月 発売

ISBN: 978-4-88003-934-3

「日本陸上競技連盟 医事委員会委員長 山澤文裕 監修」
日本人はマラソンが大好きであり,走者,応援する人,大会のボランティアなど,多くの協力でマラソン大会は成り立っている.特に大会主催者は安全で安心な大会運営を行う義務があり,参加ランナーに対して適切な安全配慮を尽くさなければならない.その一つが大会準備のための救護・医療委員会の設置,大会当日の救護・医療チームの任命であり,AEDなど適切な医療器材の準備,救急隊、協力病院との連携である.
本書では,その組織つくりのための具体的内容を解説.
救護・医療関係者はもちろん,大会主催者必携の書.

〔主な目次〕

1 整備指針と救護・医療体制 
① 整備指針の目的
② 救護・医療体制に求められる役割
③ 大会の中の救護・医療体制
④ 整備指針の対象と位置付け

2 主催者の責務と求められる組織
① 主催者の責務
② 責任者の任命
③ 責任者の役割とメディカルコントロール
④ 責任者に求められる資質
⑤ 組織
・大会開催前の組織・大会当日の組織運営・大会後の組織運営

3 大会への準備と救護・医療計画
① 救護・医療計画の策定手順
② 目的・目標の設定
③ 大会の開催概要の確認
④ 健康リスクの評価
・マラソン・ロードレースでの健康障害の発生頻度・リスクに影響を与える因子・マラソン・
ロードレース大会で生じる健康障害
⑤ 地域の医療体制の確認
⑥ 必要な救護・医療体制の算定,構築
⑦ 消防機関等との調整

4 救護・医療スタッフの配置と保障
① 救護・医療スタッフの構成
② 救護・医療スタッフの任命と役割
③ 守秘義務と個人情報の保護
④ スタッフへの配慮と補償
・スタッフへの配慮・補償
⑤ 周知と訓練
・救護・医療スタッフ
⑥ 指揮命令と連絡
・連絡体制の確保・通信方法・傷病者の発生と連絡

5 救護・医療の拠点と移動救護体制
① 救護・医療統括本部(統合指揮センター)の設置
・主な役割・設置箇所・本部スタッフ・救護 医療統括本部に必要な資器材の例
② 救護所の設置
・設置箇所・スタッフの配置・案内板の設置・広さと機能
③ 移動救護体制の確保
・移動救護隊の役割・移動救護隊に求められる役割と要件・配置と移動方法
④ 救護ランナー体制の確保
・救護ランナーの役割・救護ランナーの募集・留意点
⑤ 資器材の確保と処理
・救護所に必要な資器材・移動救護隊の装備・医療廃棄物の処理
⑥ AED(自動体外式除細動器)
・AED 使用までの目標時間・必要なAED の配置・AED の管理・AED に残されたデータの使用
⑦ セルフケアステーションなどの設置

6 ランナーの管理と啓発
① ランナーの事前管理
・体調管理の啓発・伝達方法・大会参加者の情報の収集と管理
② ランナーの当日の管理
・当日の健康チェック・競技中のランナーへの情報提供・暑さ指数とフラッグシステム・棄権
や制限時間を超えたランナーの管理
③ ランナーのレース後の管理

7 救護・医療の視点からのコース管理
① コース設計
② アクセスルートの確保
・救護 医療スタッフなどのアクセス・救急車などの走行ルートの確保・マッピングとコース
ポイントの明確化
③ 給水所の設置
④ 監視塔の設置

8  消防機関などとの調整と傷病者の搬送計画
① 平時の救急医療体制に与える影響
② 消防機関との調整
・救護 医療計画の共有,調整・消防機関との連絡手段の確保・傷病者の搬送計画・患者等搬
送事業者などの活用
③ その他の機関との調整
・搬送先医療機関・警察,警備機関

9 当日の傷病者への対応
① 活動の基本
・指揮命令と役割・安全の優先・コミュニケーションの確保・現状の確認,評価・救護 医療
活動
② 記録と個人情報の管理
・傷病者記録票・個人情報の管理・プライバシーの配慮
③ 報道機関への対応
・担当部門の設置・報道内容・情報提供のタイミング

10 災害(緊急事態)への備えと対応
① 想定される災害
・異常気象・地震・テロ・雑踏,その他の災害
② 大会の継続,中止の判断
③ 災害発生時の救護・医療スタッフの基本的な対応
・緊急事態発生時の指揮命令系統・非常連絡・救護所などの活用・選手と観客の帰宅管理
④ 災害訓練(図上訓練,実動訓練)の実施

11 外国人への対応

12 次回に向けて
① 活動検証の実施
② 事後検証結果の活用

◆資料 1  申し込み時健康チェックリスト(日本陸上競技連盟医事委員会作成)
 資料 2 傷病者記録票
◆付 録
◆ マラソン・ロードレース 救護・医療体制チェックリスト
◆ JMAAS ジェイマースフルマラソン版(ver1)


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る