文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >集中治療・救急医学>集中治療>日本版 重症患者の栄養療法ガイドラインの謎!?

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
日本版 重症患者の栄養療法ガイドラインの謎!?
+画像クリックで拡大

日本版 重症患者の栄養療法ガイドラインの謎!?

[ 集中治療 ]

【著】巽 博臣(札幌医科大学医学部集中治療医学)

B5 判・160 頁・定価(本体 2,300 円+税) 2021 年 4 月 発売

ISBN: 978-4-88003-937-4

「この症例は,ガイドライン通りでよいのか?」重症患者の集中治療,NST ディレクターを経験した あの集中治療医が謎を解く!
日本集中治療医学会「日本版 重症患者の栄養療法ガイドライン総論2016&病態別2017 ダイジェスト版」収載の「第2章 栄養管理の実際:成人」のクリニカルクエスチョンとアンサーに対し,実臨床における疑問点と解決策をプレゼンテーション.この一冊でモヤモヤ感が一挙に解消!?

〔主な目次〕

本書の使い方と注意点

A 栄養療法の開始
   A-1 栄養管理の必要性
   A-2 栄養状態の評価
   A-3 栄養投与ルート
   A-4 エネルギー消費量とエネルギー投与量
   A-5 蛋白投与量

B 経腸栄養
   B-1 経腸栄養の開始時期
   B-2 不安定な循環動態
   B-3 栄養チューブの留置位置の選択と経十二指腸チューブの挿入法
   B-4 経腸栄養の目標投与エネルギー量

C 静脈栄養
   C-1 静脈栄養の適応
   C-2 静脈栄養の開始時期
   C-3 静脈栄養の目標エネルギー投与量
   C-4 静脈栄養の組成
   C-5 ビタミン,微量元素,セレン,refeeding syndrome
   C-6 静脈栄養時の投与ルート(中心静脈,末梢静脈)

D 経腸栄養耐性の評価
   D-1 腸管蠕動の確認
   D-2 経腸栄養耐性の評価方法
   D-3 経腸栄養投与量の増量の方法
   D-4 経腸栄養と誤嚥
   D-5 下痢の発生時の対応

E 特殊栄養素
   E 免疫栄養
   E-1 アルギニン
   E-2 グルタミン
   E-3 n-3 系多価不飽和脂肪酸
   E-4 食物繊維(可溶性と不溶性)
   E-5 半消化態栄養剤と消化態栄養剤(ペプチド型栄養剤)

F 補足的治療
   F-1 選択的消化管除菌(selective digestive decontamination:SDD)
     および選択的口腔内除菌(selective oral decontamination:SOD)殺菌
   F-2 プレ/プロ/シンバイオティックス
   F-3 抗潰瘍薬
   F-4 分枝鎖アミノ酸(branched chain amino acids:BCAA)
   F-5 高脂肪/低炭水化物(high fat& low CHO)栄養剤
   F-6 脂肪乳剤
   F-7 東洋医学的アプローチ

G 血糖管理
   G-1 血糖目標値
   G-2 血糖コントロール

H 経腸栄養療法中の患者管理
   H-1 胃管の位置確認
   H-2 胃内残量の管理
   H-3 経腸栄養投与中の体位
   H-4 経腸栄養の間欠投与と持続投与
   H-5 経腸栄養投与の開放式システムと閉鎖式システム
   H-6 便失禁管理システム
   H-7 栄養チューブの口径と誤嚥
   H-8 胃瘻の適応

I 静脈栄養療法中の患者管理
   I-1 中心静脈カテーテル挿入時の感染防御
   I-2 中心静脈カテーテルの留置部位の選択
   I-3 静脈カテーテルの交換

Supplement 札幌医科大学附属病院 ICU の栄養療法
     ・札幌医大 ICU における経腸栄養戦略
     ・腸管蠕動改善薬・下剤
     ・六君子湯か,経空腸投与か
     ・排便コントロール基準
     ・経腸栄養剤の選択

あとがき
索 引
著者プロフィール


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る