文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >看護学>臨床看護>痴呆予防のすすめ方-ファシリテートの理論・技法とその事例-

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
-ファシリテートの理論・技法とその事例-
+画像クリックで拡大

痴呆予防のすすめ方
-ファシリテートの理論・技法とその事例-

[ 臨床看護 ]

【監修】矢冨直美 東京都老人総合研究所痴呆介入研究グループ
【編集】杉山美香 東京都老人総合研究所痴呆介入研究グループ

B 5 判・144 頁・定価 (本体 2,800 円+税) 2003 年 6 月

ISBN: 978-4-88003-568-0

運動と知的活性化を促す 「余暇プログラム」 による活動を推進し, 成果を上げてきた東京都老人総合研究所が自らの研究を公開. ファシリテーターが解説した価値ある一冊.


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る