文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >看護学>臨床看護>事例で学ぶ周術期体温管理

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
事例で学ぶ周術期体温管理
+画像クリックで拡大

事例で学ぶ周術期体温管理

[ 臨床看護 ]

【監修】並木昭義 札幌医科大学医学部麻酔科教授
【編集】山蔭道明 札幌医科大学医学部麻酔科講師
     及川慶浩 医療法人清田病院中央手術室長

A 5 判・312 頁・定価 (本体 3,200 円+税) 2007 年 9 月

ISBN: 978-4-88003-585-7

体温はバイタルサインの1つであり, 看護師には, その変化を観察し, 医師らとともに管理・対応することが望まれる. 体温管理法に関する最新の話題をイラスト・図表を盛り込み, 「やさしく理解できるポイント」 を中心に構成した.

 

〈主な目次〉

第1章 体温管理の基礎知識 
1. 体温は何で測るの ?  測定法とか違うの ?
2. 体温はどこで測るの ?  気をつけることは何 ?
3. 体温管理の方法とその装置は ?
 
第2章 体温管理の臨床 
1. 術中の体温管理は ?  アトロピン後の発熱は ?
2. 手術中の体温管理
3. 術後
4. ICU における体温管理
 
第3章 救急領域の体温管理


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る