文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >看護学>臨床看護>小児麻酔と周術期看護より質の高い周術期看護を目指して

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
小児麻酔と周術期看護
+画像クリックで拡大

小児麻酔と周術期看護
より質の高い周術期看護を目指して

[ 臨床看護 ]

【監修】並木昭義 札幌医科大学医学部麻酔科教授
【編集】川名 信  北海道立子ども総合医療・療育センター手術部長

A 5 判・224 頁・定価 (本体 3,200 円+税) 2009 年 3 月

ISBN: 978-4-88003-589-5

小児麻酔科医と病棟,手術室スタッフがお互いの仕事の内容を理解し,協力することで,より質の高い周術期看護を提供 (目指す) する一冊.

 

〈主な目次〉

小児麻酔と周術期看護の特徴
(1) 小児の特徴と周術期看護
(2) 周術期における小児看護

術前管理
(1) プレパレィション
(2) 病棟・手術室看護師の役割
(3) 麻酔科の役割
(4) 特殊疾患 (脳性麻痺,精神発達遅滞,自閉症) 患児の術前準備

術中管理
(1) 術中管理と麻酔
(2) 手術室における看護

術後管理
(1) 麻酔覚醒と術後管理
(2) 一般病棟における術後看護
(3) ICU おける術後看護
(4) 特殊疾患 (脳性麻痺,精神発達遅滞,自閉症) 患児の術後管理

検査と看護
(1) 小児における検査時の鎮静

危機管哩
(1) 周術期の危機管理

管理の継続性
(1) 術前・術中・術後管理の継続性


> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら

ページの先頭へ戻る