文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >雑誌 _ ペインクリニック>2014 年 11 月号

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
2014 年 11 月号
+画像クリックで拡大

2014 年 11 月号Vol.35No.11通巻312号

[ 2014年11月11日発行 ]

目次

●巻頭言
緩和ケア-最近の話題 …中島信久
●日本ペインクリニック学会第 49 回大会(第1報)
●特集
「骨粗鬆症と痛み」
「骨粗鬆症と痛み」によせて …小川節郎
骨粗鬆症の基礎:骨形成と骨吸収 …松尾光一
骨粗鬆症の病態と痛みの特徴 …射場浩介・他
骨粗鬆症に伴う痛みのメカニズム …川股知之
骨粗鬆症に伴う痛みの治療:非観血的治療および整形外科的治療 …宗圓 聰
骨粗鬆症に伴う痛みの治療:インターベンショナルな治療 …伊達 久
骨粗鬆症患者に対する運動療法と日常生活動作 …崎本絵里・他
●総説
難治性掻痒症治療薬ナルフラフィンの創出と痒み調節機構の解明 …長瀬 博
●症例報告
Racz カテーテル® 松本法(経 S1 後仙骨孔カテーテル硬膜外留置法)による腰椎手術後難治性神経痛(FBSS)の治療経験…松本富吉・他
●講座
オピオイドの効きにくいがん疼痛について:動物実験で得られたデータを基に …上園保仁・他
●慢性痛の心理アセスメント:私の診療現場から
繊維筋痛症診断症例に対するペインクリニシャンとしての治療戦略:汎発性筋・筋膜性疼痛症候群ととらえて治療を行った慢性痛の2症例 …中村耕一郎
●短信
がん患者の易怒性に抑肝散が有効であった1症例 …佐塚祥一郎・他
テトラカインとロピバカインを併用した助間神経ブロックを施行した助間神経浸潤肺がんの1症例 …駒澤伸泰・他
化膿性脊椎炎を疑われたギラン・バレー症候群の1症例 …村谷忠利
●書評
あっという間にうまくなる神経ブロック上達術(大越有一,寺嶋克幸・著) …白神豪太郎
●文献抄訳
・学会告知
・ペインクリニックバックナンバーのご案内
・次号のお知らせ
・本号掲載広告社一覧
・投稿規程


『ペインクリニック』バックナンバー > バックナンバーについてはこちら

ペインクリニック 定期購読のご案内

ペインクリニック

「ペインクリニック」誌Vol.39のご購読を随時お受けしております。
お申し込みは書店または直接弊社までお願いいたします。

通常号 定価 2,469 円 (本体 2,286 円+税)
別冊 定価 5,143 円 (本体 4,762 円+税)

■2018 年 年間購読料

通常号+別冊 2 冊(計 14 冊)
定価 39,912 円 (本体 36,956 円+税) 送料弊社負担

通常号のみ(12 冊)
定価 29,626 円 (本体 27,432 円+税) 送料弊社負担

> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら


ページの先頭へ戻る