文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >雑誌 _ 臨床麻酔>2008年3月号

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
2008年3月号
+画像クリックで拡大

2008年3月号Vol.32No.3通巻378号

[ 2008年3月20日発行 ]

目次

●巻頭言
静かに行く者は健やかに行く.健やかに行く者は遠くまで行く. …北村 晶
■特集
指針とガイドライン
序 …川島康男
1. 危機的出血への対応ガイドライン …入田和男・他
2. 深部静脈血栓症/肺血栓塞栓症(静脈血栓塞栓症)予防ガイドライン …瀬尾憲正
3. DAM (Difficult Airway Management) アルゴリズム …倉田二郎
4. ACC/AHA非心臓手術患者の周術期心血管系評価と管理ガイドライン …山田達也・他
5. 安全な中心静脈カテーテル挿入管理のための手引き …貝沼関志
6. 脳死判定における無呼吸テスト …松田憲昌・他
●総説
医師主導治験とは―本邦で最初の医師主導治験 (フェンタニルクエン酸塩適応拡大) の経験から― …宮坂勝之
●原著
Mg2+ 添加輸液剤はレミフェンタニル麻酔後のシバリングを予防できるか? …澤田淳史・他
●講座
CPR ガイドライン …岡田和夫・他
本邦における予防接種の現状 …日高靖文
●誌上抄読会
<長崎大学医学部麻酔学教室>
周術期疼痛管理と術後経過 …村田寛明・他
●質疑応答
抜管後の①喉頭浮腫, ②反回神経麻痺, ③披裂軟骨亜脱臼について
回答 新崎康彦・他/狩谷伸享・他
人工心肺時の超低体温管理と循環停止前後の高次脳神経機能の変化について
回答 高橋俊次・他/松本美志也
●ブリーフレポート
Angelman 症候群患者の全身麻酔経験 …菱沼美和子・他
甲状舌管嚢胞術後血腫による気道閉塞のため心肺蘇生を要した1例 …横山祐子・他
人工心肺離脱後高度な血圧低下を認めヘスパンダーによるアナフィラキシー様ショックが疑われた1症例 …土本鉄平・他
長時間手術後に後頭部の感覚脱失をきたした1例 …奥 里恵子・他
●コラム
両鼻腔内に詰めた止血用タンポンガーゼにより起こった呼吸困難 …恒遠剛示・他
らせん入り気管チューブのスリップジョイントを簡単に外すためのツール …平井裕康
・本の紹介 (30)
クローニン:『城砦』 …諏訪邦夫
・リレー随想・趣味・余暇・仲間 (30)
仕事と旅行と夢 …蔵谷紀文
・アナウンスメント


『臨床麻酔』バックナンバー > バックナンバーについてはこちら

臨床麻酔 定期購読のご案内

臨床麻酔

「臨床麻酔」誌Vol.42のご購読を随時お受けしております。
お申し込みは書店または直接弊社までお願いいたします。

通常号 定価 2,571 円 (本体 2,381 円+税)
臨時増刊号 定価 4,320 円 (本体 4,000 円+税)

■2018 年 年間購読料

通常号+臨時増刊号(計 13 冊)
定価 35,177 円 (本体 32,572 円+税) 送料弊社負担

通常号のみ (12 冊)
定価 30,857 円 (本体 28,572 円+税) 送料弊社負担

> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら


ページの先頭へ戻る