文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

HOME >雑誌 _ 臨床麻酔>2008年4月号

雑誌のご案内

麻酔の臨床/痛みの治療に定評ある臨床医学雑誌。
ご購読の申し込みは書店またはこちらから。

  • 病態生理から持病を見る!!大衆医学撰書 シリーズ
  • 一般の患者さんとそのご家族へ “心配しないでいいですよ”シリーズ
  • 正誤表はこちら 弊社発行書籍の誤記の訂正などをお知らせします。
2008年4月号
+画像クリックで拡大

2008年4月号Vol.32No.4通巻379号

[ 2008年4月20日発行 ]

目次

●巻頭言
麻酔科医の理想郷 …祖父江和哉
■総説
薬物溶出性ステント (DES) と周術期管理 …外 須美夫
最近の気管挿管用補助具の進歩 …鈴木昭広・他
●症例
機能的僧帽弁逆流を合併した虚血性心筋症の開心術における周術期管理の検討 ……藤井 崇・他
モルヒネとロピバカインによる帝王切開術後の硬膜外鎮痛 …菊地利浩・他
レミフェンタニル-セボフルラン麻酔による心拍動下冠動脈バイパス術の手術室抜管の経験 …池田智子・他
巨大前縦隔腫瘍患者の麻酔経験 …梅垣岳志・他
膵頭十二指腸切除術後に Guillain-Barre 症候群を発症した1例 …遠藤正宏・他
経尿道的尿管結石破石術中に敗血症性ショックになった症例 …永井正一郎・他
●講座
硫化水素の医学応用の可能性  …市瀬 史
神経刺激装置を用いない末梢神経ブロック法 …関山裕詩
●誌上抄読会
<金沢大学大学院医学系研究科麻酔・蘇生学講座>
ARDS およぴ Septic Shock におけるステロイド投与の最近の知見 …栗田昭英・他
●質疑応答
パーキンソン病患者の麻酔管理の注意点について
回答 濱田 宏・他/吉田 仁・他
気管支鏡下の腫瘍焼却術で大出血を伴った場合の対応について
回答 伊藤健二・他/高内裕司・他
●関連領域と話題
麻酔料を含めた診療報酬からの心拍動下冠動脈バイパス術と冠動脈バイパス術の比較 …久下 真
●ブリーフレポート
術中に鎮痛薬をフェンタニルからレミフェンタニルに変更し循環動態が安定した全静脈麻酔経験 …大内謙太郎・他
鎖骨下静脈から挿入した中心静脈ラインの異常な走行ルートの経験 …山瀬裕美・他
人工心肺使用下に気管分岐部腫瘍切除術を行った症例 …熊坂美紀子・他
弓部大動脈瘤術中,人工心肺離脱時に突然生じた大量肺出血の1症例 …佐藤智洋・他
慢性肺血栓塞栓症を合併した患者の周術期管理…菊池 元・他
●コラム
喉頭の過緊張状態について …斉藤 裕・他
日本医学シミュレーション学会 Difficult Airway Management (DAM) 世話人会主催 DAM インストラクターコース 「第 2 回紀伊田辺セミナー」 を開催して …中川稚史・他
●印象記
WCA 2008 …稲田英一
第 35 回日本集中治療医学会学術集会 …行岡秀和
■日本麻酔科学会第 55 回学術集会の開催にあたって …土肥修司
・本の紹介 (31)
子育ては楽し …諏訪邦夫
・リレー随想・趣味・余暇・仲間 (31)
自転車通勤 …柴田政彦
・アナウンスメント


『臨床麻酔』バックナンバー > バックナンバーについてはこちら

臨床麻酔 定期購読のご案内

臨床麻酔

「臨床麻酔」誌Vol.42のご購読を随時お受けしております。
お申し込みは書店または直接弊社までお願いいたします。

通常号 定価 2,571 円 (本体 2,381 円+税)
臨時増刊号 定価 4,320 円 (本体 4,000 円+税)

■2018 年 年間購読料

通常号+臨時増刊号(計 13 冊)
定価 35,177 円 (本体 32,572 円+税) 送料弊社負担

通常号のみ (12 冊)
定価 30,857 円 (本体 28,572 円+税) 送料弊社負担

> 内容のお問い合わせ・ご注文はこちら


ページの先頭へ戻る